弘前大学リレーシンポジウム|弘前大学大学院 地域共創科学研究科

弘前大学リレーシンポジウム

弘前大学 リレーシンポジウム

概要

この10年何が起きたか、弘前大学は何をしてきたのか
東日本大震災から10年
「弘前大学リレーシンポジウム」

日時内容
第1回令和3年1月26日(火)
18:30~20:00
地震の科学・社会基盤施設の被害と対応

  • 理工学研究科
  • 農学生命科学部
第2回令和3年2月18日(木)
18:30~20:00
医療対応

  • 医学研究科
  • 保健学研究科
第3回令和3年3月10日(水)
18:00~20:30
東日本大震災からの復興を考える
~チーム北リアスの10年~

  • 人文社会科学部地域未来創生センター
  • 地域創生本部ボランティアセンター
第4回令和3年3月26日(金)
18:30~20:00
地域と寄り添う ~浪江町とともに~

  • 被ばく医療総合研究所
  • 保健学研究科
  • 農学生命科学部
第5回令和3年4月9日(金)
18:30~20:00
「育てる」から「持続する」へ

  • 地域社会研究科
  • 教育学部
  • 人文社会科学部
第6回令和3年5月13日(木)
18:30~20:00
環境評価・将来に繋ぐ

  • 理工学研究科
  • 農学生命科学部
  • 人文社会科学部
  • 地域戦略研究所
第7回令和3年5月28日(金)
18:30~20:00
パネルディスカッション

  • 地域共創科学研究科

詳細・申し込み

第1回 地震の科学・社会基盤施設の被害と対応

内容

東日本大震災を起こした東北地方太平洋沖地震とはどんな地震であったのか,また10年前から現在にかけて,地震や津波についてどのような研究や観測が進み何がわかったのか,これからどのような研究の進展が期待されるのかをお話します。さらに,震災が我々の生活を支える橋梁やため池といった社会基盤施設にどのような被害をもたらしたのか,そして,これまでにどのような評価や対策が取られてきたのかをご紹介します。
登壇者
  • 前田 拓人(理工学研究科)地震の科学
  • 上原子晶久(理工学研究科)橋梁の被害とその後の対応
  • 森洋(農学生命科学部)ため池の被害とその後の対応
日時令和3年1月26日(火)18:30~20:00
会場土手町コミュニティパーク(定員20名)先着順
(※前日までにお申し込み下さい。)
オンライン配信お申し込み不要

第2回 医療対応

内容

準備中
登壇者
  • 花田 裕之(医学研究科)①災害へのDMAT派遣から、被ばく医療支援まで
  • 齋藤 陽子(保健学研究科)②被ばく医療人材育成事業の概要
  • 野戸 結花(保健学研究科)学部・大学院教育まで人材の基盤構築
  • 中村 敏也(保健学研究科)海外とのネットワーク構築・海外での研修
  • 木立るり子(保健学研究科)リスクコミュニケーションのできる人材育成
  • 冨澤登志子(保健学研究科)地域に密着した実践者の育成
日時令和3年2月18日(木)18:30~20:00
会場土手町コミュニティパーク(定員20名)先着順
(※前日までにお申し込み下さい。)
オンライン配信お申し込み不要

第3回 東日本大震災からの復興を考える ~チーム北リアスの10年~

内容

準備中

  • 人文社会科学部地域未来創生センター
  • 地域創生本部ボランティアセンター

登壇者
  • 渥美公秀(大阪大学)
  • 永田素彦(京都大学) 
  • 河村信治(八戸工業高等専門学校)
  • 李 永俊(弘前大学)
  • (1)チーム北リアス 10年間の活動報告
  • (2)パネルディスカッション
  • (3)ボランティアセンター活動報告および全体意見交換会
日時令和3年3月10日(水)18:00~20:30

第3回は、会場・時間・オンライン配信方式が異なります。ご注意ください。

第4回 地域と寄り添う ~浪江町とともに~

内容

準備中
登壇者
  • 床次眞司(被ばく医療総合研究所) 浪江町復興支援WGの活動
  • 田副博文(被ばく医療総合研究所)
  • 三浦富智(被ばく医療総合研究所)
  • 細田正洋(保健学研究科)
  • 姜 東鎮(農学生命科学部)
日時令和3年3月26日(金)18:30~20:00
会場土手町コミュニティパーク(定員20名)先着順
(※前日までにお申し込み下さい。)
オンライン配信お申し込み不要

第5回 「育てる」から「持続する」へ

内容

準備中
登壇者
  • 北原啓司(地域社会研究科) 復興まち育て-これまでの10年を未来につなげるために
  • 小岩直人(教育学部) 防災の担い手を育てる
  • 片岡太郎(人文社会科学部) 文化財の守り手を育てる
日時令和3年4月9日(金)18:30~20:00
会場土手町コミュニティパーク(定員20名)先着順
(※前日までにお申し込み下さい。)
オンライン配信お申し込み不要

第6回 環境評価・将来に繋ぐ

内容

準備中
登壇者
  • 野尻幸宏(理工学研究科) 10年にわたる環境省東日本大震災に係る海洋環境 モニタリング調査でわかった海洋への影響
  • 遠藤 明(農学生命科学部) 津波被災農地の除塩に向けた取り組み
  • 葉山 茂(人文社会科学部) 地域の将来を考える手掛かりとしての文化財
  • 本田明弘(地域戦略研究所) 北日本の再生可能エネルギー
日時令和3年5月13日(木)18:30~20:00
会場土手町コミュニティパーク(定員20名)先着順
(※前日までにお申し込み下さい。)
オンライン配信お申し込み不要

第7回 パネルディスカッション

内容

準備中
登壇者
  • 片岡 俊一(地域共創科学研究科) ほか
日時令和3年5月28日(金)18:30~20:00
会場土手町コミュニティパーク(定員20名)先着順
(※前日までにお申し込み下さい。)
オンライン配信お申し込み不要